闇金融のカードローンとは

闇金融とは、正規のカードローン業者とは異なり当局の許可を受けていない業者のことで、つまり闇の金融業者です。

見分け方は、通常のケースではそれほど難しくはありません。
まず、特長としてはネットなどで誇大広告を堂々と行います。

よくあるのが、審査なし、必ず貸しますという宣伝です。



正規の業者であれば審査は義務づけられていますので、カードローン契約の際には必ず審査を行います。

もちろん、普通の方が闇金融を利用するということはまずありません、彼らがターゲットとしているのは、どこからも融資を受けることができない人で、且つお金に困っている人なのです。

自己破産をして名前と住所が官報の掲載されると一気に闇金融のDMが増えるというのはこのためです。普通にカードローンを利用できない人にお金を貸してどうするのかといえば、最近の傾向では、女性の場合であれば風俗店などを紹介して紹介料をピンハネし、なおかつ収入から利息を取り続けるという仕組みです。

男性の場合では、名義貸しなどの犯罪に利用されるケースが急増しています。


このように闇金有業者とは、単なる闇の金貸しではなく犯罪業者であることがほとんどですので決して利用してはいけません。

最近では巧妙な闇金業者が増えてきていますので、偽りの登録番号をホームページに載せたり、地方の正規の貸金業者と一字違いの名称で営業をかけてきたりします。



登録番号を載せている場合には、金融庁のホームページで確認ができます。また、単純ですが、闇金融の場合には、ATMを利用したり個人信用情報を利用することができません。



利用しないことが一番ですが、怪しいと思ったら必ず確認をすることです。